会社法の条文と解説

会社法15条

会社法 > 会社法・総則 > 会社法15条

会社法15条

会社法 
第1編 総則 
 第3章 会社の使用人等
   第1節 会社の使用人

物品の販売等を目的とする店舗の使用人
第15条 物品の販売等(販売、賃貸その他これらに類する行為をいう。以下この条において同じ。)を目的とする店舗の使用人は、その店舗に在る物品の販売等をする権限を有するものとみなす。ただし、相手方が悪意であったときは、この限りでない。

会社法15条の条文解説

店舗の使用人



店舗の使用人は、
「その店舗に在る物品の販売等をする権限を有する」ものとみなされます

ただし、相手方が悪意(権限がないことを知っていた)であったときは、
この限りでありません。



前の条文へ次の条文へ

関連ページ

会社の支配人
会社の代理商
 ●会社法top

会社法10条(支配人)
会社法11条(支配人の代理権)
会社法13条(表見支配人)
会社法14条(特定事項の委任を受けた使用人)



会社法/条文


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional