会社法の条文と解説

会社法539条

会社法 > 会社法/条文 > 会社法539条(条文と解説)

会社法539条 (特別清算/担保権者が処分をすべき期間)

会社法 第2編 株式会社
 第9章 清算
  第2節 特別清算
   第6款 清算株式会社の行為の制限等

(担保権者が処分をすべき期間の指定)

第539条 担保権者が法律に定められた方法によらないで担保権の目的である財産の処分をする権利を有するときは、裁判所は、清算株式会社の申立てにより、担保権者がその処分をすべき期間を定めることができる。

2 担保権者は、前項の期間内に処分をしないときは、同項の権利を失う。





関連ページ

第2編 株式会社
 【第9章 清算
第2節 特別清算

第6款 清算株式会社の行為の制限等
会社法535条(清算株式会社の行為の制限)
会社法536条(事業の譲渡の制限等)
会社法537条(債務の弁済の制限)
会社法538条(換価の方法)
会社法539条(担保権者が処分をすべき期間の指定)

《第2編/第9章 清算》

編、章各条検索
第2編 株式会社

第9章 清算
第1節 総則475476477478479480481482483484485486487488489490491492493494495496497498499500501502503504505506507508509
第2節 特別清算510511512513514515516517518518-2519520521522523524525526527528529530531532533534535536537538、539、540541542543544545546547548549550551552553554555556557558559558559560561562563564565566567568569570571572573574


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional