会社法の条文と解説

FrontPage

会社法

会社法を学ぶために  会社法を学ぶために


会社法条文

《会社法条文・もくじ》

会社法の構成とページ案内



第2編 株式会社 
第1章 設立第1節 総則
第2節 定款の作成
第3節 出資
第4節 設立時役員等の選任及び解任
第5節 設立時取締役等による調査
第6節 設立時代表取締役等の選定等
第7節 株式会社の成立
第8節 発起人等の責任等
第9節 募集による設立
第2章 株式第1節 総則
第2節 株主名簿
第3節 株式の譲渡等
第4節 株式会社による自己の株式の取得
第5節 株式の併合等
第6節 単元株式数
第7節 株主に対する通知の省略等
第8節 募集株式の発行等
第9節 株券
第10節 雑則
第3章 新株予約権第1節 総則
第2節 新株予約権の発行
第3節 新株予約権原簿
第4節 新株予約権の譲渡等
第5節 株式会社による自己の新株予約権の取得
第6節 新株予約権無償割当て
第7節 新株予約権の行使
第8節 新株予約権に係る証券
第4章 機関第1節 株主総会及び種類株主総会
第2節 株主総会以外の機関の設置
第3節 役員及び会計監査人の選任及び解任
第4節 取締役
第5節 取締役会
第6節 会計参与
第7節 監査役
第8節 監査役会
第9節 会計監査人
第10節 委員会及び執行役
第11節 役員等の損害賠償責任
第5章 計算等第1節 会計の原則
第2節 会計帳簿等
第3節 資本金の額等
第4節 剰余金の配当
第5節 剰余金の配当等を決定する機関の特則
第6節 剰余金の配当等に関する責任
第6章 定款の変更 
第7章 事業の譲渡等 
第8章 解散 
第9章 清算第1節 総則
第2節 特別清算



「会社法の条文と解説Web」は、
あなたのビジネスに活用いただくため
難解とされる会社法の条文にわかりやすい解説をつけ、
条文検索もカンタンにできるよう工夫しています。

あなたのビジネスの成功のために、会社法をご活用ください。








会社法入門

会社法 入門

会社法・総則

●総則top

会社法の「株式会社設立」について

会社設立top

会社法の「株式」規定

●株式top

会社法の「資金調達」規定

資金調達top




会社法は2006年に誕生しました。

これまで商法の第2編「会社」に組み込まれていた会社に関する法律を大胆に再編し、
100年ぶりの大改正がなされたわけです。

会社法が新たにつくりだされた理由は

①グローバル経済化に対応するための法的整備
②会社設立の促進
③会社運営の自由化を通じた経済活性化

の3つに集約されると考えられます。

日本が「失われた10年」といわれる低迷にあえぎ、
経済のグローバル化とBRICsの高成長という時代背景の中で
「会社法」は生まれました。

機関設計の自由化がすすめられ、三角合併が解禁されるなど
会社の設立・運営・買収など様々な面での自由度が増し、
使いようによっては新会社法は
企業の発展と経済の活性化に資するものとなるでしょう。

また、「資本金1円」での株式会社が認められ
1000万円という最低資本金制度が撤廃され
小さな会社においては機関設計の自由度が大幅に認めらるなど
会社設立のハードルが引き下げられました。

「中小企業」=「下請け」企業というイメージから

「経済の中心を担うスモールビジネス」へ!

時代は新たな経済のあり方への模索の時期に入っています。

時代の転換を先取りする形で制定された新会社法。

会社法を学び、活用することで
ビジネスの幅は広がって行くと思います。

当サイトでは、難解とされる会社法をできるだけわかりやすくするよう
条文の「平易化」解説を付しています。

ぜひ、ご活用ください。

:5

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional